世界の古書・日本の古書 ABAJ(日本古書籍商協会)

English

丸善雄松堂株式会社 古書部のお薦め商品

グリム「ドイツ文法」全4巻+索引

Grimm, Jacob
Deutsche Grammatik.
Göttingen: Dieterich, 1822-37.

¥420,000

※上記書籍価格は平成26年3月31日現在の価格表示となっております。 消費税増税に伴いまして価格変更の書籍もございますので、 平成26年4月1日以降にお求めのお客様は掲載古書店へ直接お問い合わせのうえ、 ご確認頂けますようお願いいたします。


8vo. 5 vols. First edition of Parts II-IV, second revised edition of Part I, which had appeared originally in 1819. This edition of Part I presents a dramatically expanded text, marking Grimm's realization that all philology must be based on rigorous adherence to the laws of sound-change. It is in this second edition that the celebrated "Grimm's Law" is first formulated, stating the correspondences of consonants in the older Indo-Germanic, Low and High German languages. Ownership inscription on title, and library stamp on verso of title of each volume, some light foxing; buckram-backed boards. (PMM281)

童話で有名な「グリム兄弟」のヤコブ・グリム (1785-1863) が、印欧祖語とゲルマン語との子音の対応関係に音韻法則があることを見出した「グリムの法則」(いわゆる第一次子音推移)を初めて発表した書です。本書第1部の初版は1819年でしたが、グリムの法則が登場するのは大幅に増補された1822年刊の第1部で、本セットに収められているのも後者です。(第2部 - 第4部は初版)


問合せ先:丸善雄松堂株式会社 古書部
TEL:03-3357-1417
メール:rarebook@maruzen.co.jp

ドイツ文法

ドイツ文法

ページトップへ