世界の古書・日本の古書 ABAJ(日本古書籍商協会)

English

株式会社 萬字屋書店

店舗情報

書店名株式会社 萬字屋書店(まんじやしょてん)
取扱ジャンル文学・歴史・古文書史料ほか
代表小林伸光
住所〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田三丁目大阪駅前地下街5号
営業時間午前10時30分〜午後7時
定休日年中無休(年末年始を除く)
TEL06-6341-3093
FAX06-6341-2310
ホームページhttp://www.interq.or.jp/osaka/manjiya/
E-mailmanjiya@osaka.interq.or.jp
最寄り駅JR大阪駅・阪急梅田駅・阪神梅田駅

  • 萬字屋店頭

  • 萬字屋店内


営業・イベントのご案内

毎年1回から2回店在庫目録を発行しておりますが、今回は「現代版画・豆本・刷り物」を特集した萬字屋書店目録75号を予定しております。発行は10月末頃に予定しております。また、阪急古書のまちに支店を出しておりますが、こちらが本年12月をもちまして、30周年という事で、会員あげての記念の目録発行 また、イベントの開催を検討しております。いずれも詳細決まり次第当店ホームページに掲載致しますので、宜しくお願い申し上げます。


創業・来歴

当店はもともと神戸の洋古書店「ロゴス書房」に勤務しておりまた先代が、終戦直後の昭和20年に独立開業した店でございます。 当時は大阪駅前の地上に仮店舗を構えておりましたが、どこか良い場所がないかと探しておりました所、ロゴス時代より親交のございました、当時大阪の毎日新聞社におられた作家の故井上靖氏に現在の駅前地下街の物件を紹介頂き、開店する事となりました。以後、大阪駅前また地下街は目まぐるしく姿形を変えてまいりました。当店は以後60年近く同じ場所で、その変貌ぶりを見てきた訳でございます。今でこそ、地下街に新刊古書を問わず書店ができておりますが、当時は地下に店舗を構える事自体が非常に珍しく、「人の足の下で商売するとは」と驚く人も多かったと聞いております。

洋書を出発点とした当店ですが、以後文学もの・古文書・歴史ものと手を広げてゆき、また昭和20年代半ばより在庫目録も発行するようになりました。なかでも昭和32年に発行しました近代文学初版本の特集目録 『明治大正文学書目』 は研究者の間でも大変評判を生んだ力作でした。現在でもこの事は当店の誇りとなっています。 当時のバイオタリティー溢れる精神を受け継ぎ、以後毎年欠かすことなく目録を作りつづけております。昭和45年に阪急梅田駅の大改装に伴い、「大阪にも神田のような古書店街を!」と 『阪急古書のまち』が誕生いたしましたが、縁あって 平成5年当店もまち内に支店を出す運びとなりました。 大きなウインドウケースを持つ店舗という特徴を生かし、出来るだけビジュアルに訴える商品をと、美術・趣味など中心にした品揃えとしております。


店舗マップ

ページトップへ