世界の古書・日本の古書 ABAJ(日本古書籍商協会)

English

有限会社 えびな書店のお薦め商品

佐久間象山書状・草稿4点合装幅

144×60 桐箱

300,000円(税込)


象山(1811-1864)は松代藩に生まれた開明の士。江戸で佐藤一斎門下に連なり、渡辺崋山らと交友、のち吉田松陰も弟子入りした。

上段・鎌原桐山宛書状草稿
桐山は象山の師。象山の許にある「忘友」崋山の「西施浣紗図」を詳細に説明している。江戸遊学を切り上げて帰藩した折、崋山は墨竹図を贈ってはなむけとしたことは知られていたが、少なくとももう一幅、説明の唐美人図を象山が所有していたことがこの草稿で明らかとなった。「啓 頓首拝覆」

中段右・鎌原輔三郎宛書状
天保5年24歳のもの 「佐久間 啓啓」
「象山書簡集」色部城南編 有朋堂書店 明44に所収

中段左・輔三郎宛書状
30歳前後 「修理」

下段・海防の出兵の編成表か
「馬上百七十騎。弓六十張。鉄砲三百五十挺」等とある

無落款


問合せ先:有限会社 えびな書店
TEL:042-323-3229
メール:ebina@tky2.3web.ne.jp

佐久間象山書状・草稿4点合装幅

ページトップへ